海外投資データバンク別館(コラム集)

中国(上海・深セン)の株式上場企業数の推移

中国の上場企業数の年度別推移の統計データです。本土株は、中国人向けのA株と外国人向けのB株の合計、海外市場は香港上場のH株の事です。また参考として、上海総合指数の年度末数値と、株価チャートも併記しました。

中国本土・上海および深セン市場には、1992年時点では53社しか上場していなかったのが、2009年には1650社にまで増えています。ちなみに2009年末時点の、香港証券取引所の上場企業数は1308社、東証は2320社、ニューヨーク証券取引所は1832社でした(※注1)。

  本土上場数 海外上場数 上海総合指数
1992年 53 0 780.39
1993年 183 6 833.80
1994年 291 15 647.87
1995年 323 18 555.29
1996年 530 25 917.02
1997年 745 42 1194.10
1998年 851 43 1146.70
1999年 949 46 1366.58
2000年 1088 52 2073.48
 
  本土上場数 海外上場数 上海総合指数
2001年 1160 60 1645.97
2002年 1224 75 1357.65
2003年 1287 93 1497.04
2004年 1377 111 1266.50
2005年 1381 122 1161.06
2006年 1434 143 2675.47
2007年 1550 148 5261.56
2008年 1625 153 1820.81
2009年 1650 156 3277.14

上海総合指数の株価チャート

表の数値から分かるように、中国では90年代以降、上場する企業の数は増え続けており、数が減った事は一度もありません。一方で、上海総合指数は激しく上下してきました。上海総合指数とは、上海証券取引所に上場する全銘柄を時価総額加重平均して算出する指数です。特に2007年の株価急騰は、まさにバブルとしか表現のしようがない値動きですね(深センも同様の値動きです)。上場企業数が増えれば、相対的に株価指数の変動は小さくなっていくはずですが、中国の株式市場ではそのような傾向は見られません。

なお、上海のA株市場は中国人のみが投資可能ですが、大証上場のETF『上証50連動型投信(1309)』なら、間接的に上海A株に投資出来ます。また同ETFは、リンク債で運用するタイプでしたが、2013年より規約が変更となり、現物保有も可能になった為(※注2)、将来的にはリンク債を廃止する事も検討されているようです。

 

◆関連サイト◆
上海総合指数(構成企業と割合);構成企業や業種別割合、現在の株価チャートなど。
国内のリンク債ETF一覧;中国などBRICs関連の多くが、リンク債ETF(ETN)である。

※注1;出典は World Federation of Exchanges。外国籍企業を除いた、その国の国籍を有する上場企業数。
※注2;中国の上海A株へは「QFU(外国人投資枠)」を持つ場合のみ投資可能。 上証50ETFを運用する野村アセットが、QFU枠の認可を受けた事で、現物保有型への変更を進めたい意向なようです。

コラム一覧
投資 日本国債はトヨタよりも破綻しやすい 成長の罠の罠 ロスチャイルド利権など関係ない  日本でインサイダー取引が無くならない理由 浮動株比率とは 名古屋や福岡や札幌に証券取引所は必要か? ETFの信託報酬が安い理由 人民元は切り上げられるのか? 厚生年金は脱退した方が有利!
金融 カネは刷った者勝ちである 白川が金融緩和をしなかった理由 T-NOTEとは 米国のサーキットブレーカー制度の内容 国債の暴落は避けられないが、銀行に責任を取らせれば問題ない ホリエモンが時価総額世界一を目指した理由 
経済 先進国と新興国の分類基準 ベーシックインカムの有効性 同一労働同一賃金など成立不可能である クラウドファンディングで保険が不要に? 政府系ファンドで年金問題を解決
GDP 皆が無駄遣いをすればするほどGDPは増える! GDPとは利益+人件費である 名目GDPの拡大が財政破綻を防ぐ
輸出は含むが海外子会社は含まない 世界の部門別GDP(米・中・印・伯など) 人口が減ればGDPは減る
GDPと株価との相関  GDPで国の豊かさは計れない
その他 中国の上場企業数推移 NYダウと日経平均株価の曜日別騰落率 浮動株比率の概念の日米差
ビル・ゲイツの資産運用ポートフォリオ バブル期の世界の時価総額 世界の独占企業一覧
ボベスパ指数 上海総合指数 NYダウ平均株価
海外投資データバンク | BRICs辞典 | 俺流ヘッジファンド運用報告書
海外投資データバンク別館(コラム集)
Copyright (C) 2012 column.world401.com All Rights Reserved.